地域

三線作りの「隠れた名工」 作品は人間国宝の手にも

2021年5月11日 11:36

 【那覇】伊江村出身で那覇市在住の宮城英典さん(79)が定年退職後に三線作りを始め、腕を磨いている。宮城さんの作った104丁目と105丁目の三線は、琉球古典音楽(安冨祖流)の人間国宝・照喜名朝一さんの手に渡り、そのうちの1丁は安冨祖流ハワイ支部長...








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス